サロンの前に…メカニズムを知ろう!

今女性に話題の全身脱毛。

 

面倒なムダ毛ケアを毎日しなくってもすむと話題を集めている方法。

 

そうなのですが、光脱毛をするちょっとストップ。

 

皆様は自分自身の体に生えている毛の仕組みや構造を理解していますか?

 

脱毛のためのサロンに行く前に最初に毛について知っていることはとても大切です。

 

体毛の事を知っているか知らないかで脱毛サロンに行くとき疑問点なんかも簡単に絞れます。

 

でも、体毛についてしったうえでサロンを選んでいる人は思ったより少ないようです。

 

ということで今回このページで私たちに生えている体毛の仕組みや構造などを説明いたします。

 

 

毛根部

最初に毛の作りを話しましょう。

 

体毛は肌の皮からとこのことを「毛幹」見えないところを「毛根」って言います。

 

その奥、毛根のねっこ、毛根の部分の丸いところを「毛球」と呼ばれ、先には
「毛乳頭」と呼ばれる部分があります。そして毛乳頭のとこには細い血管から
栄養を吸収して体の毛を長くさせる働きをしています。

 

まとめると、毛が伸びるには体毛、その中でもさらにその一番下の毛球の先っぽについている
毛乳頭が大切な役目をもっています。

 

だから剃刀などを使って表面の毛幹を剃っても、毛乳頭の部分が存在していると毛は生え続けるのです。

 

そんでもって毛乳頭は「毛母細胞」のパーツが作る役割を持っています。

 

だから、毛抜きで毛を抜いたりして毛乳頭を綺麗に除去したとしても、毛母細胞と呼ばれるパーツが
残存していると毛乳頭が出来ちゃうのでさらに毛が長くなってきます。

 

 

体毛そのメカニズムと伸びるスピード

毛は生えては抜けて、わずかに何もない時があって成長とというようにぐるぐるしているのです。

 

毛が伸びる時期になると毛細血管を伝って毛乳頭の部分にまで
伸びるための養分が来て毛母細胞の所まで届けられるのです。

 

そっから毛母細胞の部分の細胞の分裂がどんどんおこって毛球が作られるのです。

 

こうした流れで止まることなく、この毛母細胞が次々と細胞が分裂してきて、
ついには体の毛として肌の外にまで止まらずに長くなってしまうのです。

 

丁寧に言うと体毛が成長する速さは体毛ごとに違います。

 

頭部にある毛は速く伸びて1日で0.3mm前後長くなります。

 

加えてワキにある毛も長くなるスピードは速く24時間で0.3mm程度長くなるのです。

 

他には眉やまつ毛は長くなるスピードは落ちて1日に0.18ミリ前後となっています。

 

以上お話したように十把一絡げに毛と呼んでいても長くなるスピードは大きく異なります。

 

 

毛にはどんな周期があるのか

 

ここからは先ほどご紹介した毛の周期とはどういうものがあるのか、もう少し詳しいことをまとめてみました。

 

上で、長くなって抜け落ちる生えるを繰り返していると話しました。

 

以上のように毛には休む時期、成長する時期、退行する時期という生え変わりに関わる3種類の期間があります。

 

お休みの時は皮膚の奥で毛が長くなろうとしている休んでいるときです。

 

成長期で養分を得てどんどん長くなります。

 

退行期になると毛と毛乳頭のつながりがなくなって抜けちゃう流れです。

 

そのような理由で成長期の毛を除去したとしても体の皮膚の見えていないところには
この後生える毛がスタンバっています。

 

というわけでせっかく抜毛してもすぐに次に待っていた体毛が生えてくるんです。

 

加えて言うと体の表に出ているのは半分もありません。

 

さらに、毛周期と言うのはそれぞれ毛がある部分でそれぞれ差異が生まれてきます。

 

体の中で群を抜いて抜けるまでに長いのは髪の毛で抜けるまでの期間が
4年近くあって退行する時期に知らない間に抜けていきます。

 

しかも髪は1日50本何もしなくても抜けるいわれています。

 

もっと言うとフェイスとボディだと顔の毛の方が短いのも特徴。

 

顔にあるほとんどの毛が2カ月程度で体にある毛は毛周期のサイクルとして3〜4カ月。

 

その違いから全身に生えている毛を同じ時に剃ってもフェイス部分に生えている毛が早く目立ってきます。

 

 

毛ってどんな種類があるの?役割は?

「ムダ毛」とは言いますが、ムダと呼ばれてても道理にかなっている目的があります。
その4つの理由をお話します。

 

人間の体毛には、

 

1.皮膚の保護機能
2.保温・断熱機能
3.感覚機能
4.紫外線防止機能

 

の4つの機能があります。

 

まず、皮膚の保護機能は物がぶつかることから守ってくれる役目を示します。

 

わかりやすく言うと、毛髪は頭の保護、ワキの部分はワキ毛が摩擦から
守ってくれていることがということです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒いところで体温が下がりすぎることを防ぎまた逆に暑いなって時は暑さを防ぐ断熱の目的をいいます。

 

さらに、感覚機能です。意識しないかもしれませんが、毛にもタッチを感知機能があります。

 

体毛を処理すると、皮膚のもつ感覚機能が少しではありますが
弱まってしまうと言われることもあるんだ。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体毛は太陽からの紫外線をカットしてくれる機能もあります。

 

このように、普段ムダ毛と呼んでいてもきちんとした目的があるのです。

 

 

お店選びも知識を持って

いかがでしたか?

 

みなさんに生えてる体毛がどんな構造を持っているかや、
メカニズムをわかりましたか。

 

毛の事を詳しく知れば光脱毛の詳細や通うのに
適切な期間なども理解する手助けになります。

 

脱毛サロンで重要な助けになること間違いナシです!

関連ページ

自己処理よりサロンが選ばれるその理由とは?
自己処理よりサロンが選ばれるその理由とは?最近流行りの脱毛サロンですが、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなどサロンは自己処理より効きます。脱毛サロンでの脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。
脱毛サロンが1回で施術が終わらないその理由とは?
脱毛サロンが1回で施術が終わらないその理由とは?主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛サロンが1回で施術が終わらないその理由とは?分からない方は是非ご覧ください。